読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズって尊いよね!

尊いものを愛さなくてはいられない

永遠の憧れの先輩枠でいてね#にゅすほめ

はじめましての方も多いでしょうか?こんばんは!ゆかこと申します!
にゅすほめ!!!念願のにゅすほめ!!!すごいメンバー様たちのなかで書かせていただきます!#にゅすほめでもうすでに沢山の素敵な愛の溢れる記事が見れますので是非!

今回は女子高生いわゆるJKからみえるNEWSを褒めさせていただきます。
私にとって、JKとはただの記号であり身分であり今しかない青春であり、記事を書くに当たって最大のコンプレックスであり、最大の武器なのです。
私というか周りのJKから見えているNEWSが面白いなあと思ったので、今回はそれを主軸に、まあ最終的には恒例のポエミーに西野カナちっくに沢山語らせていただきます!!!

毎回のことだけど前置きが長い!!!ではJKによる(今回は強調してく)にゅすほめはっじまるよ~~~~~!(テンション高めでお送りします)



チャンカパーナの強さと恋を知らない君への可能性
 

9ヶ月前の記事でチャンカパーナが女子高生につぼってるというのを書きました。
周りの友達がNEWSにツボってます。 - ジャニーズって尊いよね!
インパクトがひたすらに強くて、一度聞いたら頭から離れない、なんとなく口ずさんでしまうそんなNEWSが女子高生にはつぼっているというのをお伝えしました!

確かに、チャンカパーナは本当にNEWSの代名詞になりつつあるっていうくらい女子高生には浸透してる気がします。チャンカパーナのフレーズのキャッチーさ、メロディーの懐かしさもありつつも分かりやすく歌いやすいサビ、最後のチャンカパーナ~~♪のところはみんなで振り付けできたりと本当にチャンカパーナの強さを実感してます…
私がNEWSを好きだからっていうのももちろんあるんですが、一日に一回は誰かしら口ずさんでるし、部室で誰か歌い出すと大合唱…確かに楽しいもんねチャンカパーナ
四人のはじまりの曲がここまでNEWSの代名詞になって、別にジャニーズ好きじゃない興味ないって子でもなんとなく口ずさめるっていうのは、四人のキャラクターや雰囲気とこっから進むぞ!っていう強い意思と、これがNEWSっていうキャッチーさが合わさった他にはないチャンカパーナの強さなんだろうなあと思います。この女子高生が大好きなインパクトソングに当てはまるのが他にチュムチュムKAGUYAかなあと思います。
『意味わかんない~!!!!(笑)』
っていいながらも次の日
『チュムチュムインディア~』
って口ずさんでしまう子続出でした。
インパクトだけじゃなくて、メロディーだったり、はまりのいい歌詞だったり、その世界観だったり。映像として分かりやすく世界観があるのも女子高生は大好きなので、はまるのかもなあって考えてみたり。
だから、NEWSをあまり知らないって子には最初に絶対チャンカパーナを聞いてもらうようにしてます。大体食いついてくれますもん(笑)本当に名刺代わりの曲。みんな大好きチャンカパーナ

そんなチャンカパーナの強さを感じつつも、どうしてもインパクトがある、つぼるで終わりがちだったんです。印象に残るってのは大事だけど、でもそれ以上にもっとNEWSの曲聞いてみたい!とかCD買いたい!とかには繋がらない気がしてたんです。意外と流行りものというかインパクトのあるものには一定の距離感しかとらないシビアなところがある女子高生には、インパクトだけじゃやっぱり弱いんだろうなあって

そんなときにやって来たシングルが、恋を知らない君へでした。
シゲアキさん出演ドラマの『時をかける少女』の主題歌ってこともあり、すごい反響大きかったです…わたしは、大好きな曲だし、自分のなかでも大切な曲なのですが、普通に聞いたらシングルでバラードっていう勝負をしてる曲だし、チャンカパーナに比べたらインパクトはないし、NEWSを好きじゃない子からしたら、そんなになんの反応もないんじゃないかなあなんて思ってました。
そしたらあらびっくり。時かけの初回放送から
時かけのNEWSのやつすごいいい!あってる!すき!』
色んな子に言ってもらいました!
確かに高校が舞台のドラマの主題歌だから、歌詞はみんな自分に近くて重ねることもきっと多くて、そして綺麗なメロディーで、あとやっぱりNEWSは歌が強みなんだなあって改めて思いました。
バラードで勝負するっていうチャレンジが、高校生の中でインパクトだけのNEWSからいい歌を歌うNEWSに変わった気がします。
Mステとかの反響もすごかった!
みんな誰の声が好きだとか、いい歌だとか、感想大会になってて本当にしみじみしちゃいました…
チャンカパーナとかいみわかんない!!!NEWSあんますきじゃない!!!!っていつも言うわたしの相方さん(何だかんだNEWS気に入ってると思う)も恋を知らない君へはいい!時かけいい!っていいながら歌って!って勝手にカラオケにいれてたよ!

耳から離れないインパクトやキャッチーさ、そして歌で勝負できる歌唱力。両方がNEWSの武器だから、両方をこれからも沢山見せてくれるそして、挑戦をやめずに新しいことに沢山チャレンジしてく四人でいてほしいなあと思います!




応援ソングの強さと優しさ


人間誰でも落ち込むこと悔しいこと悲しいこと涙が止まらないこと何かにすがりたいこと何がある訳じゃないけど苦しいこと沢山沢山あると思うんです。

そんなことが特に多いのが中高校生。(持論)
ていっても、わたしはまだ高校生までしか体感してないし、これから先も苦しいことは沢山あるんだろうけど、中高校生って受験だったり、部活だったり、意味のない人間関係だったり、脆い恋愛だったり、小さな世界だからこそ悩むことが沢山ある気がするんです。
そして、何かにすがりたいことも多い気がするんです。
だから、自分のことのように思える歌を聞くことがとても多いです(私はですが(笑)

NEWSはそんな応援ソングが沢山あります。
ああ!テスト勉強のやる気がでない!ってときに背中を思いっきり押してくれるような。
周りと上手くいかなくて一人で教室が怖くなったときにそっと寄り添ってくれるような。
意味もなくやる気がなくなりスイッチを押したいときにひたすらに切り替えてくれるような。
そんなそのときそのときに思わず自分に重ねてしまうような応援ソングが沢山あります。
そんな応援ソングに泣いたり励ましたり元気をもらったり、そうやって色々なことを乗り越えてきました。
だからほんともっと高校生にそして高校生を過ごしたみなさんにNEWSの応援ソングを知ってほしい!!!!苦しいとき悲しいときなんだかなあってとききっとNEWSはいつも私たちの味方です。
NEWSが好きな皆さんは、一曲か二曲は自分の人生にかかわるような大切な曲を持ってるんじゃないかなあと思います。それくらい強い意味を元気をくれるNEWS!やっぱり好きになれて幸せ!!!

だってデビュー曲から押し続けてくれてるもんね!!そこから少しずつ形を変えて時に思いきり強く時に優しく応援してくれる四人が何より心強いんです。



今一番NGがないという強さ


バラエティのNEWSはひたすら女子高生受けがいい!!!!!
あとで語るけどエンターテイナー手越は強い。イッテQは強い。
なんでもやっちゃう手越さん強い。
変ラボも強い。意外とみんな見てるし、あんまよくないのかもだけどまっすーお兄さんの動画とかはリア垢とよばれるJKが沢山いるアカウントでも流れてきて、みんな知ってましたびっくりした!
しかも、あれめっちゃ面白いよね~!!!録画してる!!!って言ってる子が想像以上に多いこと!!!
全然NEWSもジャニーズすら興味ない子も変ラボの話すると大体爆笑するから本当に重宝してます!!
だからこそ、だからこそ、このバラエティでの強さを生かすために見ようと思わなくてもたまたま目にはいる11時代のバラエティがほしい…やっぱり変ラボスペシャルの反響をうけて本当に思いました。そしたら、もっと受けると思うんだ…だって、あんなキラキラした四人が、脱いだり?虫食べたり?モンスター化されたり?キャラないって罵られたり?みんなギャップに驚きながらも、なんとなくNEWSに親近感がわいて興味をもってくれてるんです
NEWSのバラエティはいいぞ~!!!!
テンションが高いバラエティはJK大好きだぞ~!!!!



『すき』が見つかる4つのキラキラ


NEWSの強みを、沢山語ってきましたが、最大の強みはここだと思う!!!

NEWSの四人の本当に個性の違うキラキラを持ってること。

まず、髪色をはじめとしてビジュアルから全く違う。意図して四人になったわけではもちろんないけど四人というのは興味がなくてもなんとなく全員の名前と顔が一致しやすくて、そして四人の見分けが本当にNEWSはしやすい。
しかも、全く全く違うタイプだから大体自分の好きなタイプが大体いるんです(持論)
友達にNEWSのなかだったら誰がいい~?って聞くと本当にみんなバラバラに答えが帰ってきますもん!
てことで、そんな四人をラストスパート褒めまくってきます!!!!!

JK大好き我らが手越祐也
最近思うんです、手越祐也JKと両思いな気がするぞ…?
ひたすらに強いイッテQ。
本当に高校生みんなみてる…みんな大好き…次の日の教室で大体誰かしら話してる…もちろん男子も…
そしてみんな大好きエンターテイナ手越!!!!!
あのパッションとテンションと軽さと意外な努力…そしてなんていったって美しいお顔。
そりゃあ、みんな好きだよね…
最近わたしの回りではみんなして『ていていっ』言ってます
手越さん!JKはあなたを求めてるよ!!!!
NEWS=手越っていうのもやっぱり強い。まあそれが、入り口で最近のNEWSいいよね~!って言ってる子も多いし、手越祐也ってやっぱりNEWSと私たちを繋ぐ架け橋であり看板であるんだなあと。
なのに、ソロで急にピアノ弾いたりするじゃん???そんなギャップずるいじゃん????わたしの友達は『ハニー!!!!』とか言ってたのに急にピアノ弾く手越さんにイチコロデシタさすが。
やっぱり最前で引っ張ってく手越さんの背中が何よりも心強くて、でもたまに見え隠れする末っ子の可愛さが可愛くて。
何をしてても許しちゃうのは、彼が一番前を向いて努力をし続ける人だから。
NEWSのエースであり、史上最強の愛されキャラ!手越祐也!!
 

全くNEWSを知らない子に『小山さんってどの人?』って聞かれたら『んーとね、長い人』って答えてます。
これは、本当に全く故意はないし悪口でもない!わたしのなかで最大級に褒め言葉なんです。ひたすらに長い。スラッとしてる。私生まれ変わったら小山さんの体型に生まれ変わりたい絶対。
そして、最近はやりの塩顔!!!一重がずっとコンプレックスみたいだけど世間は小山に風が吹いてる!!!
そのように小山さんかっこいい!っていうJK増えてます。わかるよ優しさ滲み出てるもんね…スタイルいいもんね…みんな大好き塩顔だもんね…
そしてみんななんとなく目にはいってくるニュースキャスター!!!なのにすぐ泣くしいつも弟たちに弄られまくられてるしなのに誰よりもNEWSが大好きだし
NEWSを先頭を切って引っ張ってるのが手越さんだとしたら、一番後ろで押してるのは小山さん。
リーダーなのにどこか頼りなくてでも誰もが認めるリーダーの小山さん。
そんな、いじられリーダーなのに、私の中の別名はリア恋王子ケイイチロウコヤマ…
インタビューがいちいち甘い。
わたしが一番好きなリア恋王子の回答は、
『彼女を鳥かごに飼いたい』と
『彼女の周りのすべてを大切にしたい』です!!!!
こんなん幸せにしてくれてるに決まってる!!!
こんなギャップにみんなときめいてくんでしょうね罪だなあ…
NEWSの泣き虫リーダーであり、リア恋王子小山慶一郎!!!!

  • 笑顔がもはやキャラ増田貴久

みんなが手越!小山!しげ!とか好きなように呼ぶなか、増田さんだけは口を揃えてみんな『まっすー』と呼びます。
そんなぴったりのニックネームと共にまっすーのチャームポイントのキラキラスマイル…キャラがないキャラで最近はやってましたが、なんだかんだ一番キャラがあるのは彼なのではないでしょうか??
ジャニーズのなかでも唯一無二のルックスに声に笑顔。
そして、可愛い可愛い!思っていたら、急に出してくるオスの魅力…。
本当にNEWSってみんなギャップだらけね…まっすーじゃなくて増田さんになるその瞬間はぎゅっと心を持ってかれます。
ライブなどのNEWSの魅せる部分をプロデュースする力は、誰よりも自分を魅せるのが上手い彼だからこそできる技。
そして、まっすーのファッションが好き!!!!っていうおしゃれ女子も沢山います!やっぱり世間にもお洒落まっすーは伝わってんだなあ…と
あとあのエンジェルボイスは誰にも真似できない増田さんだけの武器。
一回聞いたら耳から離れないしまた聞きたくなる優しい優しい声!大好きです
キラキラスマイルとセルフプロデュース力が武器増田貴久!!!!

あれ?なんかNEWSにすごいかっこいい黒髪いない?あ、それシゲアキさんです!
世にバレだしたイケメン加藤シゲアキ
誰が見ても普通にかっこいいって言いたくなるビジュアルに、意外と喋るテンション。そしてわたしがどうしても譲れない大好きなイケメンインテリのくせに運動神経が悪いギャップ…!!!!
最近は俳優としても活躍してますよね。24時間テレビのヨシノリ先生や、時かけのやのぴにより、『シゲかっこいい!』っていう人が増えてる気がします。
そして、彼には唯一の小説家という最大の武器があります。自分で身に付けた武器。わたしが好きになったきっかけもシゲアキさんの文章でもあるので、きっと加藤シゲアキというジャニーズを好きじゃなくても本は読んでたんじゃないかなあと思います。
高校生にも読みやすいしもっとみんなに読んでほしいので結構すすめてます(笑)
それで読んでくれた子達も面白かった!!!って返してくれるし、NEWSに興味をもっともってくれるし、シゲアキさんが目指してたことは間違ってなかったんだなあと。
あと、サブカル好きな子達には『ねえねえ!加藤シゲアキが○○すきってほんと!?』とかもよく言われますね…どこにでも精通する男…。本当にシゲアキさんを好きになってから他のことにも目を向けるようになり、世界が少しずつですが広がってきています。本当にこのタイミング高校生というタイミングで好きになれて本当に幸せだなあって日々しみじみ。きっとこうやって文章をかいてるのもシゲ担だからっていうのも大きいだろうし。
そうやって、小説家で青学卒でお坊っちゃまでイケメンで、でも運動神経よくなくて早口で虫食べるしめんどくさいしそんな完璧じゃないシゲアキさんを見つめるのが新しいギャップを見つけるのが新しい世界を見せてもらえるのが本当に楽しくて楽しくて仕方ないんです!!何度も言うけどシゲ担めちゃくちゃ楽しいよ!!!!!
ギャップだらけで、唯一無二の肩書きを持つ加藤シゲアキ!!!!



届きそうで届かない永遠の憧れの先輩枠


タイトルにもしましたし、今までも何回も話してますが、私にとってNEWSの四人はそして自担のシゲアキさんは、例えて言うなら憧れの先輩なのです。
お姉さま方に『NEWSってゆかこちゃんからみたらおじさんだよね?もっと若い子たちがいいな~とかならないの?』って聞かれたことが何回もあります!(笑)
でもわたしは年齢が近いタレントさんだと本物の恋愛感情と間違えてしまう気がしてアイドルとしては好きになれないところがあります。
わたしとシゲアキさんは、ちょうど一回り離れてます。
ライブで沢山愛をくれたり、バラエティで沢山笑わせてくれたり、でもやっぱり彼らはアイドルなんだって見せつけられる瞬間はなんだかちょっぴり寂しくてでもやっぱり憧れて。
そんな感覚は憧れの先輩に彼女がいることを知ったときみたいだなあって思います!
だから、わたしは永遠に届きそうで届かない憧れの先輩の彼らを追い続けるんだろうなあ、この距離感が切なくてでもやっぱり離れられなくて遠くから見つめ続けてるんです。
これからもずっとずっと私の永遠の憧れの先輩枠でいてね!


ぐだぐだと好きを連ねていつも以上に長ったらしく纏まりのない文章になってしまいましたが、とりあえず伝えたいことは

NEWSをシゲアキさんを好きになれて幸せだよ~~~~~!!!!!!!!!!!

最後までお付き合いありがとうございました!ゆかこでした!

加藤シゲアキさんとわたしの話

こんばんは!ゆかこです
今日は本当に本当に今までになく私情だらけで、ただの自分の気持ちをまとめるもの、そしてここに書くことによっていい決意、きっかけになるかなあと思って書くものなので、本当にお時間がある方、田舎の高校生の戯言をちょっと覗いてみようという方はお進みください!(笑)



今日は、シゲアキさんももちろん関わってくるんですがわたしの話をさせてください!
はじめにも書きましたが、誰かに向けるというよりは、自分に言い聞かせるためにもう後戻りできないように書くのかもしれません。
ここで書くのが適切なのかは分かりませんが、シゲアキさんを気になるって気持ちも、好きになりましたって気持ちも全部おいてあるわたしの大切なノートみたいなこの場所に今思ってることをしっかり書き留めたくなったのです
シゲアキさんとわたしの話
きっと一生シゲアキさんには知られないんだろうけど、でもわたしにとっては大切な加藤シゲアキさんとわたしの話をさせてください!

わたしがシゲアキさんを好きになったのは高校一年生と二年生の間ごろでした。
その頃のわたしと言えば、まあ田舎のなかではそれなりに進学校の高校に何となく入り、中学からずっと続けていた吹奏楽部に入り、山のなかの課題とテストが多くて有名なその高校の忙しさについていけずにも、どうにかついていくのに必死だった時でした。

部活部活課題課題課題テスト部活課題部活のような永遠ループに半泣きになりながらも、シゲアキさんという新しい好きを見つけて、少しイキイキしながらどうにか高校に通っていました。

好きなもののことは全部調べて全部知りたいタイプのわたしは、好きになってすぐにWikipedia加藤シゲアキについて改めて知りました。そこで一際目についたのが

青山学院大学法学部卒』

の文字でした。もちろんなんとなくインテリで有名なのも頭がいいのも知ってましたが、改めて青学なんだ~ってちゃんと把握したのがこの時。
そのときに、『シゲアキさんが行ってた青学ってどんなとこかなあキラキラしてるイメージしかないわ…』とか軽いミーハー心で、ホームページを見てみました。

この時わたしは学年ビリを争うレベルに数学ができなかったために、一年生のはじめに五教科が必要になる国公立というわたしの学校ではみんなが目指してるエリートコースを断念しています。まあ、もともと国公立にこだわってたわけでもなく、どちらかというと東京出たい!都会いきたい!私立のほうがあってる気がする!なんて言ってたので自分の意思でもあるんですが!

でも、青学なんて自分にとっては高すぎると思ってましたし、まあ学校の上の方の先輩方で行ってる人はそれなりにいたし、考えたことはなくはなかったけど、勉強があまり好きじゃないわたしにとってはただの憧れの夢の夢だったんです。

だから、別にホームページを見る機会もなかった。
でも、シゲアキさんって青学なんだ~っていうミーハー心で覗いたホームページ。

これによってわたしの運命も人生も変わりました。

(人生は変わるって信じたい)

へ~!渋谷の真ん中にあるのね!めっちゃ都会!いいな!だから、渋谷にこだわって本書いてるんだ~ほーほー…
やっぱ青学イケメン美女多いんだ…やっぱキラキラしてる…
なんてここに通ってたシゲアキさんに思いを馳せながらふわふわホームページを見てました。

そこでたまたまみかけたある学部に惹かれました。もともとわたしの希望してるというか考えたいた学部ではなかったのですが、わたしがそれまたジャニーズや、それこそNEWS、シゲアキさんを好きになったことによって将来の夢が少し見えてきていて、その仕事だったり、また違う元々憧れていた仕事だったりに本当にぴったりな学部だったんです。 

『ここだ!!!!!』

心のなかで叫びました(笑)
だって、なりたい夢、やりたいことに近づけて、そしてだいすきな憧れな人の後輩になれる。同じところで大切な四年間を過ごせる!こんな素敵なことはないと思っています。

ミーハーだと言われても仕方ないなあとは思います。だって好きな人の後輩になりたいって出来心も大きく含まれてますもん(笑)
でもわたしにとってそれが大きなモチベーションになることもたしかだったし、だからといってシゲアキさんを追いかけてるだけではなくちゃんと自分で決めて、シゲアキさんはだいすきな人、憧れの人、そして目標を与えてれた人にもなりました。

お母さんに青学のこと話してみたら、
『あ~!急に青学って言い出したの、加藤シゲアキの母校だからなんだね、いいじゃん頑張ってみなよ後輩なれるよ!』
なんてバカにされるかなあ何て思ってたけどお母さんはジャニーズが好きなわたしをちゃんと理解してくれて、それに応援してくれました。

夏にはオープンキャンパスにも行ってきました!
周りの友達に、
『母校だからでしょ?ロケ地巡り?(笑)』
って言われたのがたしかに行きやすくはなったけど、すごい悔しくて、受かって見返してやろうって気持ちが強くなりました(笑)
渋谷の中心にある青学だ!ってすぐわかる緑溢れるキャンパスで沢山同じ空気を吸ってきました!
これが最後じゃないといいな、また絶対戻ってきたいなって心から思いました。

そんな強い気持ちがあるくせに、
弱くて今までなにもやって来てこなかったわたしは、なにも変われませんでした。

行きたい行きたいって言ってても結局口だけ。
ライブでシゲアキさんに会えたら頑張れるかも!
このDVDみたら頑張れるかも!
そんな風に言ってても結局なにもやらず時は流れ、シゲアキさんの後輩になりたいって大口叩いてるくせに全く頑張れない自分が嫌いで仕方なくて、それなのに頑張れない自分がもっと嫌いで、それの永遠ループでした。
辛いときにシゲアキさんにすがるのが嫌で、わたしなんかが後輩になりたいなんて言っちゃだめだ。というより、好きなんて言う資格ない。なんて、勝手に一人でぐるぐるしてたりもしました。

やんないくせに、プライドだけは高いわたしは、やってない課題があるたびに、勉強してないテストがあるたびに、学校を休みがちにもなりました。友達は好きなのに学校は楽しいのに自分の弱さで行けない自分にまたイライラしての繰り返しでした。

でも、そのたびにシゲアキさんNEWSを好きだからこそ出会えたお姉さまに沢山助けてもらいました。
沢山話を聞いて暖かい言葉をくれる人。
アドバイスをくれる人。
なにも言わなくても見守ってくれる人。
みんなみんな、
『ゆかこちゃんが、シゲアキさんの後輩になれるの応援してるよ。』
って暖かい言葉をくれるんです。

わたしはこの場所がなかったら絶対に頑張れてないと思います。
本当にいつもいつもありがとうございます!
これからも弱いわたしが折れそうになったとき、怒ってください。励ましてください。見守っていてください。

そして、今少しずつ自分なりに毎日泣きながら折れそうになりながらも毎日向き合っているんですが、頑張ろうって決めたときに丁度見たシゲアキさんのチカラウタの言葉がいつでもわたしの支えだし目標なんです。ピンクとグレーを書いたときの自分の心境を

『人生で何度かしかない、ここで死ぬ気でやらないと一生変われないなって思った』

ニュアンスなんですが、こんなことをいってたんです。それなら、わたしの今がそのときなんだなあって思いながら泣いてるシゲアキさんを見ながら色んな思いでテレビの前で号泣しました(笑)

今でも辛いときもう無理かもって思うとき弱い自分に負けそうなとき
『今なんだよ』
って言い聞かせてます。

すがるのが嫌だと決めつけていたNEWSをシゲアキさんを見ることも辛いときは無理かもってときはご褒美に見るようにしました。やっぱり一番元気をもらえるし笑顔になれるし!

もちろん女子高生の今やれることも沢山楽しんで、でも自分に厳しく厳しすぎず、『シゲアキさんの後輩になる』って目標は曲げずに頑張ります。 
いつか『なれました!』ってここで書けるといいな。
そして『なれるように頑張ります』って送ったファンレター。
『なれました!』ってシゲアキさんにもつたえられたらいいな。

よーし!今日もNEWS聴きながら机に向かいます!

吹奏楽でやりたいNEWSの曲4選

こんばんは!ゆかこです!
吹奏楽部ネタ第2段です!!
実は今部活で構成の長という、吹奏楽での曲だったり、企画だったり、フリだったり、照明だったり、衣装だったりを纏めるのをやってるんですが、それが大変なんですけど楽しくて仕方なくて!最近なんの曲を聞いても、これだったらこう演出して、ここからはダンスで…あ、歌も入れられる…とかある意味一種の職業病になってきて(笑)
NEWSの曲って意外と吹奏楽アレンジされてなくって(なくはないけどダサい)わたしだったらこうやってアレンジして、こうやって演出するなあ…この曲やりたい!!!っていうのを勝手にセレクトしてみました!自己満足記事!楽しい!!!

絶対絶対絶対オープニング!!
幕を開けながらイントロ吹きたいです…
照明めっちゃチカチカさせたいです…もはやミラーボール設置しようか…
金管で最初のファンファーレ吹いて、フルートクラ辺りでイントロに繋いで、AメロBメロって各パートでまわしてきたいです!!
これはもちろんスタンドマイク立てて、四人で踊ってもらいましょう!
部活の数少ない男子に踊ってもらいましょうか完コピしてもらいましょう!スパルタで指導します!!
ちゃんと美しい恋にするよの台詞たちは、マイクで恥ずかしがらずやってもらいますよ!バラの造花持ちながら言って、言い終わったら客席に投げ入れてもらいましょうか!いろんな意味で悲鳴が起きそうです!楽しい!
『月が~』からの手越さんソロは、オーボエですね…!色っぽく吹いてほしいです…増田さんの声はフルートだし、小山さんはホルン、シゲアキさんはテナーサックスだなあ…
もちろん『ふぅ~!』の合いの手は全員で全力でやります!そういうの私たち得意!!
やっぱ考えただけで楽しいんで、引退までには一回本気でやりたいと思います。
(まあ、絶対私情って怒られるだろうけど)(最近それも受け入れてくれる優しい部員たち)

  • あなたがとなりにいるだけで

いや~!絶対素敵だと思う!
オーケストラでやるのを、吹奏楽でやるとすこししょぼくなったりもするんですが、これは吹奏楽の爽やかさとか音の厚みとかがいいかんじに合うのではないかと…低音とかのハーモニーめちゃくちゃ重たくやってほしいですね…サビもトランペットが主メロで、木管の高音が追いかけたいです…メロディーも優しく歌うように吹いたらすごい泣けそう想像しただけで泣けたきた…増田さんの最後の『あのころは上手に伝えられなかった』はすこしためながらフルートソロにしたいですね…そっから入ってくる全員…いい泣ける…いつか吹奏楽バックで四人に歌ってほしいです…絶対素敵…

  • BE!FUNKY!

絶対楽しい!!
金管でガンガンならしたいですね!
踊ります。楽器持ちながらベルアップしたりステップ踏んだり…私たちは曲フリってよんでるんですが 、吹きながら動くって結構大変なんです…でも、これできっちり合わせられたらだいぶかっこいい!サビ前のとことかは木管とかで少し落としてから、サビでトランペットにガンガン吹いてもらいながら全員で曲フリ!!『胸おどる!ね!』の『ね!』のところで全員でベルアップしたい!アクセントもはっきりしてて、テンポものりやすくてガツガツしてる曲なので、管楽器が多い吹奏楽に合ってると思うんですよね!絶対楽しいだろうな~~!

泣けますね、絶対泣けますね…
最初の増田さんのAメロは絶対サックスですね…ああもうすでに泣ける…
サビはトランペットに爽やかに吹いてもらって、トロンボーン辺りで裏メロやりますね…イントロはウインドチャイム(シャラララ~ってなるパーカッション)鳴らしてもらいましょう!キラキラした感じがほんとあってる!
それでこれでどうしてもやりたいのが落ちサビは楽器を一回吹かないで、全員でアカペラで歌いたいんです…最後の方からドラムに刻んでもらってリズムが作られて、もう一回最後のサビで楽器が入ってくる…絶対かっこいいに決まってる…爽やかな曲調は絶対ドラムがある吹奏楽にもとっても合うと思うんですまた違ったエンドレスサマーになりそう。もちろん照明は水色です。


はあ!楽しかった!!
自己満足だけど改めて吹奏楽楽しいなあ深いなあって思いました… 
みなさんのこの曲吹奏楽どうかなシリーズあれば是非聞きたいです!!!

NEWSとbacknumberって掛け合わせるとリア恋味しかないって話

こんばんは!!!高2の夏は遊べる最後の夏だ!!と毎日遊び呆けてます。ごめんなさい勉強します。ゆかこです。

前々から書きたくてでも別に需要はないか…とひとりでニヤニヤ考えてたのですが、意外と反応をいただけたので、書かせていただきます!

back numberを好きになったのはたまたまネットで見つけた『花束』でした。これこそ理想だ!!!と叫んだこと忘れません。
そのあと、出会った『幸せ』という曲とその時の状況が完全に重なって聞きながら号泣したこともありました。懐かしいです…親友の入江くん(水泳の入江選手ににてた)のことがずっと好きで勇気を出して告白したら、『この今の関係を大切にしたい』みたいに優しく断られて、そのあとどうしても彼と関係を切りたくなかった私は、親友という立ち位置を守りました。それから、お互い一番の異性の友達でいたんですが、なんてたって入江くん基本的にはデリカシーがないので、私に恋話ふっかけてくるんですね…そして結局キューピットしちゃって、自暴自棄になってた頃に出会ったのが『幸せ』でした。好きな人に恋愛相談されがちな人生なんですよね!!!いいよね!少女漫画でもこのポジション大切だしね!!!入江くんとは、今でもたまに連絡取り合うくらいに仲良しです(笑)
って、こんな話どうでもいいんです!!

ちょうど青い春がでてきたくらいで、あまり知られてなくていいバンドなんだよ!って周りに広めてたら知らないうちに大人気バンドになっててわたしのほうがはやかった!!!!ってなぜか悔しくなったのも懐かしい話です…

いよりさんの優しい声に、切ない甘いメロディーにそして自分に重ねてしまいそうになる状況描写が多い歌詞。
三人のゆるすぎるトークも大好きです(笑)

そんなこんなで、よくback number を聞くんですが、これをNEWSの四人が歌ったら…って考え出したら、リア恋味溢れる四人が溢れ出してきたので、四人それぞれに歌ってほしいbacknumberの曲を3曲ずつピックアップしてみました!

あんまり聞いたことない人もよければ本当にback number 素敵なのでこの機会に聞いてみてくださいね!


小山慶一郎

  • 日曜日

言わずと知れたリア充ソングです。
付き合って3年はたってる。確実にたってる。本当、この日曜日の主人公が小山さんにすごい重なるんです!聞けばわかっていただけるはず!!!
『大事にすべきものは探せばいくらでもあるんだけど、本当はそんなにいくつもの物は守れなくてだから選ぶんだよ僕も君も』ここがめちゃくちゃ小山さんなんです!!はあ!すき!!!日曜日朝から小山さんといちゃつきたいです。洗濯物畳ませてください…小山さんの彼女さんは『奥さんみたいだね』って周りに言われて『この人手がかかるくせに、ワガママなんだもん(笑)』って答える背が小さめ年下彼女じゃないと許しません…(個人の希望)

  • あとのうた

未練タラタラな男の人の歌。でも、なんかどこか引きずってるけどそこから歩き出そうとしてて、小山さんが失恋したらこんな感じなんじゃないかなあ…なんて
彼女のこと悪く言う訳じゃなくて、自分が悪かったって反省する感じ…
『僕は少し強くなって生きてるんだ本当だって。君がいなくたって大丈夫だって。』
小山さんはこういう未練の残しかたしてほしいです…

  • 幸せ

さっき話した大好きな思い入れのあるこの曲。女の人目線の曲なんですが、こんな切ない曲こんな切ないポジション歌いきれるのは彼しかいない。
小山さん自身も好きな人に恋愛相談とかされがちそうだよね、
好きな人に『シゲって彼女いるのかな?』って言われがち。
小山さん優しいから『ちょっとうまくやってやるよ(笑)』って言いながら心でないて、この歌歌うんでしょ…小山さん抱き締めたい…
『叶わなくても気持ちを伝えられなくてもこんな気持ちになれたこと大切にしたい。本当だよ。』 
こんなこと言えるジャニーズ小山さんしかいないじゃん!?!?

増田貴久

  • こわいはなし

第三者からみた、うまくいってるようにみえて、本当は愛し合ってるのか危ういカップルの歌。増田さんがカップルを傍観してるって堪らなくぞくぞくする。突き放す感じで、あやしい笑顔で歌ってほしい…周りのカップルとかも俯瞰してそうなイメージもある。この曲は本当にラブソングの常識覆すと思うのでぜひ聞いてほしいんです…昼ドラソング(私はそうよんでる)を是非増田さんに…!!
『互いの汚れも見て見ぬふり、すれば嫌いになるはずないものね、でもそれが災いの元』この歌詞を増田さんに歌われてたら倒れます。好き。

  • march

『君のこと思って今日はゆっくり眠れます』この歌い出しをとにかく優しく甘く歌い上げてほしい。切ない別れなのにどこか甘くて。『きみ』と『ぼく』ってひらがな表記のようなイメージの曲。絶対絶対増田さんの声質に合うと思うので本気で歌ってほしい…!!!

王道学園片想いソング。片想いしてるサッカー部の増田くんがみたい…クラスで『まっすー!』っていつも話しかけてくれる可愛い系の女の子にずーっと恋してて、たまに一緒に帰ったりするけど何だかんだ進展できない二人。『まっすー、いかないなら俺狙っちゃうよ?』って手越さんに言われても、『あいつは俺のことそんな風に見てない』って不貞腐れる増田くん…でもきっと両想いなんですよね、周りみんな気づいてるんですよね…みんなバラバラなのになぜか仲良しな四人組の手越、シゲ、けーちゃんがきっとうまい具合にキューピットするんでしょうね…帰り際とかに『あのさ、前からさお前のこと好きだった!』って少し遠いとこから叫んで、恥ずかしすぎて逃げちゃう増田くんがみたい。あれ、これ妄想になってる…?
『きっと誰よりきみを想ってるのは今日も明日も僕だから』健気な増田くんに歌っていただきたい…


手越祐也

  • stay with me

とにかく重たいラブソングです。女の人目線の曲で、とにかく重たい。ふと、手さんソロと重なりました…『あなたを照らす光に私はなりたい』って手越さんに歌ってほしい。泣ける。手越さんが重たいラブソング歌うとなんであんなに泣けるんでしょうね、本当にこれ歌ってくれたら、号泣する自信があります。リア充ソングだけど何でかわかんないけどどこか苦しいこの曲をぜひ…!

  • 僕は君のことを好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

絶対絶対手越さん一生言わないだろうなってタイトル!!!!!でも、私は相手がなびかなくて、もがき苦しみながらも好きでいる手越さんがみたいんです!!!!!好きになったら付き合えるまでアタックし続けるよね絶対…こんな台詞いいながらも最後に(でも好きにさせてやるからな)って後付けが付きそう。さすがすぎる。でも、爽やかな曲調とかが絶対似合うし、ギター弾きながら歌ってほしい!!!『僕の世界は君を中心に回ってるといっても過言じゃない~っ』楽しそうにこんな歌詞歌ってくれたら、堕ちない女の人はいないと思います。恐るべし手越祐也

  • 高嶺の花子さん

もがき苦しみながらも好きでいる手越さんがみたいパート2!!!年上の女の人に翻弄される手越さん絶対絶対可愛い!!『ご飯とかどうですか~?』『私はそんな甘くないからね(笑)』って軽くあしらい続ける黒いワンピース着たお姉サマーにめげないで『逆に燃えるわ(笑)』っていう手越さんが想像つく…
勝手に妄想して、ひとりで落ち込んじゃう手越さん可愛すぎるし、少し思い浮かぶ…自信満々に見えて、恋愛面は意外とどうせ僕なんか君なきもするんですよね…『頭を撫でられ君は笑いますダメだ何一つ勝てないいやまてよそいつ誰だ』のところとかめちゃくちゃ手越さん…可愛い…


加藤シゲアキ

  • 光の街

この記事を書こうと思ったきっかけです。元々曲が大好きでよくきくんですけど、ふとこの曲すごいシゲアキさんだなあ…と。はじめの情景描写が細かいところとかもひとつひとつシゲアキさんに置き換えられるし、本当にモデルシゲアキさんなのかな?っていうくらいわたしの中の彼氏味溢れる加藤シゲアキさんなんですよね…。好きって言葉にできないし、あまり甘い関係性じゃないけど、本当は誰よりも大切にしてて、本当に大好きだと思ってるそんな付き合って4年はたってるようなカップル…。本当に二番のはじめのアイスの件がすごいシゲアキさんなんです…ほんと歌詞だけでもいいんで見てください…。寝ちゃった彼女の横顔見ながらこんなロマンチックなこと考えちゃう加藤シゲアキ。小声で寝てる彼女の頭を優しく撫でながら『おやすみいつもありがとう』って言っちゃうような、落ち着いた甘さがあります…。ダメだやっぱり何周回ってもシゲアキさん永遠のリア恋枠です…好き…。
『君から僕は大切なものをいくつも貰ったよ』シゲアキさんに優しい笑顔で歌ってほしいです。確実に、日本中の親に紹介したい彼氏ナンバーワンジャニーズに認定されると思います。

  • ハイスクールガール

『ああ、明日になったら君が彼女になってないかな?そうしたらもうなにも要らないのになあ』
高校生うじうじ片想いソング!!!!たまらない!!!高校生の成亮くんはきっとクラスの一軍女子の中でも大人しめのボブの背の小さい女の子にずっと片想いをしてるんですけど、ちょっとしたプライドや自意識が邪魔して告白もできないんですね…。友達のイケイケサッカー部の裕也が『シゲならイケメンだからいけるだろ~』って励ましてくれても、『いや、無理だろ…どうせ俺…』ってめんどくさいネガティブモードになりがち。でもたまに勇気だして、話しかけると『加藤くんって面白いんだね!』って笑う彼女にさらに惹かれて『ああ!もうどうすればいいんだよ!!!』ってコーヒー牛乳飲みながらいつもの溜まり場の階段の踊り場で叫んで、『シゲうるさい』ってまっすーに怒られて、『当たっちゃえよ砕けちゃえよ』っていうコヤテゴに『実際に砕けちったらどうすんだよ!!』ってまた怒って。でもきっと周りから見たら二人はどう考えても両想いなのに、ぐるぐるする草食成亮くんがみたい。この曲今のシゲアキさんに歌われたらそれはそれで死にそう。

  • 頬を濡らす雨のように


またまたラブストーリーより。ラブストーリー大好き人間で、そしてラブストーリーの曲はどことなくシゲアキさんに重なるんですよね…世田谷ラブストーリーとか君がドアを閉めたあととか…その中でも私がbacknumberのなかでも一番好きなのがこの曲なんですが、これはものすごいシゲアキさんに重なりました。もがきながらも自分を見つけたシゲアキさんにそっと背中を優しく優しく押してもらってるような歌。まだ走り出したばかりだから休むこともできないけど、でも俺がここであなたを照らすよってシゲアキさんに優しく歌われたい。『君の不安な毎日が光で溢れますように』私が、一番好きな歌詞です。ここをシゲアキさんに歌ってもらったら号泣するし、でも毎日生きてく気力もらえると思う。本当に歌っていただきたい…

まあこんなかんじでやって来たんですが、自己満足だったけどすごい楽しかった!!!!みなさんのイメージも聞かせてくださいね!個人的にはテゴマスで『アップルパイ』とかコヤシゲで『繋いだ手から』とかめちゃくちゃ聞きたいです!これからもNEWSにbacknumber重ねて聞いて愛を溢れさせていこうと思います!!!!

恋を教えてくれた君へ

シゲアキさん、29回目のお誕生日おめでとうございます。

シゲアキさんを知ったのはいつだか覚えていません。ジャニーズのNEWSってグループのお友だちが好きなシゲ。四人の中ならシゲが一番好きだなあ…そのくらいの印象しかなかったのです。

そこから、何年かたち何回もお話ししてきたシゲアキさんとの出会いがやって来ます。この話を友達にすると『本当恋ばな聞いてるみたい(笑)』って言われるんです。そうなんです。運命みたいなこの出会いはきっと恋だったんです。

別に、シゲアキさんと本気で付き合えると思ってるほど夢見勝ちでも頭悪くもありません。でも、あのときシゲアキさんを好きになった気持ち今もシゲアキさんを好きな気持ち。これは間違いなく恋だって思うんです。

好きすぎて苦しい。
もっと知りたい。
こんな重たくて苦しくてでもそれ以上に素敵で幸せな気持ちを教えてくれてありがとう。

これからも全力で好きでいさせてください。何回でも恋に落ちさせてください。

うまく言えないけど、とにかくシゲアキさんが大好きです。

シゲアキさんにとって幸せが溢れる一年になりますように。

愛を込めてゆかこ

シゲの好きなところ

お題「NEWSを知らない君へ」  

素敵なお題に便乗して、加藤シゲアキさんを知ってくれ!!!という心の叫びをポエミーに主観的に語らせていただきたいと思います。
詳しい内容や、もっと情報を知りたいという方は、このお題のブログを読んでみてください。沢山素敵な記事に出会えます…!お時間ある方はこのままお付き合いください!!


『NEWSを知らない君へ』『加藤シゲアキを知らない君へ』…どうやって好きを紹介しよう…普通に文章にしても纏まらないのが目に見えてるしなあ…わたしは授業中もせっせと考えてました…(ちゃんと授業も受けてますが!)…好きなところを紹介したいよな…そうだなそうだな…

あ!西野カナ替え歌しよう!!!!!!!!!

っていう結論に至りました…!(笑)
実は替え歌得意なんですよね(知らない)
せっかく、華の女子高生なのに彼氏もいなくて、キラキラした高校生がやってる好きなとこ替え歌する相手がいないなら(友達の誕生日サプライズではやったけど)シゲアキさんにやりたい!と思い、思い立ったらすぐ行動なので生物の時間(自習)にニヤニヤしながら作りました。周りに最近ニヤニヤしながらぼーっとしてるけど大丈夫?って心配されました。大丈夫です。

では、歌います…
 
シゲの好きなところ
作詞ゆかこ 

例えばその瞳、くしゃっとまるい笑顔
美しい横顔 しゃがれた甘い声~

時々、自分のこと可愛いと知ってて一人称シゲ~
インテリイケメンなのに少しだけ運動できないとこ~

とにかくめちゃくちゃシゲ担楽しいよ~!!!!!

いつも一生懸命なとこ 
結構涙もろいとこ
メンバー大好きなとこ
恋愛偏差値高いとこ
小説家なんです

少し自意識が高くて
不器用だけれど

ほんと、誰よりも優しい人
自分に厳しい人

どんなシゲも好きだよ~!!!!

はい…ありがとうございました…(笑)
大丈夫ですか?今回の記事わたし一人で突っ走ってないですか?(笑)

でも、この替え歌作るのすごい楽しかったです(笑)  

原曲はシーブリーズのCMでお馴染みの西野カナちゃんの『あなたの好きなところ』です!
原曲ももちろんかわいくて、素敵な歌詞なのでそちらを聞いて字余りだらけなんですがこれと合わせて歌ってみてくださいね!?
自担替え歌とても楽しかったので、是非皆さんにもやってほしいです!十人十色になると思います!

ということで、この替え歌にあわせてシゲアキさんの好きなところみなさんにオススメしたいところを本当に主観的にポエミーに今回はお伝えしたいと思います。

『例えばその瞳、くしゃっとまるい笑顔』


f:id:NSY_glitter:20160706133304j:plain

シゲアキさんの笑顔はくしゃってしてるってのが一番あってる気がします。
このシゲアキさん私的大好き笑顔トップスリーにはいる笑顔です…可愛い…
シゲアキさんってとてもとても顔が整ってて、小山さんも美人って言いまくるし、手越さんもシゲの顔が好きって公言するくらい美しいが当てはまるお顔なんです。でも、笑うと綺麗な大きな二重の目をなくしてくしゃくしゃっと笑うんです!!いつもは真剣な瞳で美しい表情を見せてくれるんですが、そのくしゃくしゃっとした笑顔がたまらない!
NEWSの四人が作った愛言葉という曲で、『ふわふわでまんまるの笑顔』という歌詞がありますが、まんまるの笑顔っていうのはシゲアキさんの笑顔にあってるなあとも思いました。本当にくしゃっとまるい笑顔本当に楽しそうなんだなあってその笑顔から沢山幸せもらえます!

『美しい横顔』



f:id:NSY_glitter:20160706133925j:plain

美しくないですか!!!!さっきの写真のくしゃっとまるい笑顔とはまた全く違う美しい横顔。私の語彙力だと美しいしか言えません。シゲアキさん自分の横顔の美しさ絶対わかってるよね…っていう素敵な角度を沢山お持ちです…
左の横顔右の横顔少しずつの角度によって色んな魅力があるので、好きなシゲアキさんの横顔角度見つけるのもとても楽しいと思います!

『しゃがれた甘い声』

しゃがれ声と言われメンバーにもよくいじられて自分でもネタにしてます可愛い!でも、しゃがれてても甘いんです。低いのかなあ…?と思わせときながらもとんでもなく高音も出します。高音オブリガード綺麗です。甘くてとろける声といったらいいんですかね…表現が追い付かない…でも低くて甘いときもあれば高くて甘いときもあるそんな素敵な声です。ソロ曲のメロディーの高音から、低音のラップの移り変わりがとても素敵なので、是非去年のアルバム『white』の通常番に入ってる、『ESCORT』というシゲアキさんのソロ曲を聞いていただきたいです。甘くとろけるの意味がわかると思います!自分で作詞作曲したすごくお洒落で素敵な曲なのでぜひ!
そして、普通にしゃべってる声も素敵なんです。早口なのでたまに聞き取れないラジオも、ラジオの最後の甘い『おやすみ』も是非ゆっくり聞いていただきたいと思うので、毎週日曜の『SORASHIGE BOOK 』通称シゲ部というラジオを聞いてもらえたら、シゲアキさんの多趣味なところや考え方と素敵な声を同時に知ってもらえると思いますのでぜひ!

『時々、可愛いと知ってて一人称シゲ』


f:id:NSY_glitter:20160706135315j:plain

たまーに、一人称急にシゲになります…特にメンバーの前だとわりとなります…急に落とされる爆弾にやられてばかりです。絶対私たちが喜んでるのバレてて、喜ぶって可愛いって騒ぐってわかってやってる…あざとい確信犯です…喜んでるけど!!!喜んでこれからも呼んでいただきたいけど!!!!あざとい自担を持つと毎日楽しいです…

『インテリイケメンなのに少しだけ運動できないとこ』

私がシゲアキさんに堕ちたきっかけもここでした…。なんてたって青学。なんてたって小説家。なんてたってイケメン。本当にこの人何でも持ってるなあってくらい揃っているのに、少しだけ運動はできない。やっぱり抜けてるところがないと同じ人間なのかな!?って心配になるしギャップにとてもきゅんきゅんします…少クラプレミアムのKAT-TUNとの運動会でバレーができなすぎて、球技できないシゲと呼ばれ、レギュラーである変ラボでは、運動神経がない加藤シゲアキでも活躍できる競技を研究し…、ああ、可愛い…『パパとムスメの七日間』というドラマでシゲアキさんはガッキーが恋するサッカー部エースの健太先輩を演じてるんですが、初々しい演技はもちろんぎこちないサッカーや走り方がとてもとても可愛いので是非見ていただきたいです…!


『とにかくめちゃくちゃシゲ担楽しいよ!!!!!』

これは、本当に声を大にして言いたいです。別にシゲ担だけが楽しい訳じゃなく、ジャニーズを好きなるってすごい楽しいことなんですが、シゲアキさんを好きになってから、多趣味なシゲアキさんを追いかけるうちに色んなことに興味を持ったり、それこそ本を読むようになったり…色んな影響を受けました。私にとってすごい大きな影響を受けて今ひとつの目標を立ててるのでその話もいつかお話ししたいです!
そして、シゲ担の皆様はやっぱり自担もそうだからかわからないですが、とても文章力や語彙力が高い…!ブログをやってるかたも多いのでシゲ担の方の記事を読むこととても楽しいです!そして、そのシゲ担の方とシゲアキさんについて、お話しできるのもみなさん、すごい素敵な好きをお持ちでいるのですごいすごい楽しいんです!わたしは前々から公言しているのですが、シゲ担でありながらシゲ担担でもあるのです。

『いつも一生懸命なとこ』

真っ直ぐに色んなことに一生懸命な人なんです。変ラボでどんなゲテモノ出されても、全力で食らいつく…。意外とクールというか熱いと言う言葉とは離れてるように見えますが、インタビューやライブDVDをみれば、真っ直ぐ一生懸命で本当は熱い人なんだろうなあってのが伝わるかと思います。

『結構涙もろいとこ』

シゲアキさんの涙といえば、やはり美しい恋にするよの涙でしょうか…泣きながらも増田さんを見ながら優しく笑っている姿が印象的です。
美しい恋にするよの最後の挨拶がすっごいすごい素敵な涙で素敵な顔で素敵なことをいってくれてるので是非…!(美しい恋にするよは本当にみてほしい)

『メンバー大好きなとこ』

小山さんほど表面には出しませんがとてもとてもメンバーが大好きです。先程も出てきましたが、四人での初めてのライブ『美しい恋にするよ』というDVDにて、『抱き合っていい?』『甘えたいんだよねあははは!』っていうとってもとっても可愛い末っ子シゲちゃんがいるので、ぜひぜひ見ていただきたい…この末っ子だけど末っ子じゃないっていうシゲアキさんがの性質については以前記事にしてるので、覗いてみてください!

恋愛偏差値高いとこ』

いやあ、高い。前にテレビジョンでジャニーズ恋愛力選手権(ニュアンスです)みたいなのがあって、堂々一位でしたね…この人顔もよくて頭もよくてしかもすごいもてる…そりゃあ、好きになりますよね…。touchのメイキングにて、小山さん扮する彼女が『ね~え!私の好きな二文字わかるでしょ?いって~!!(小山さんの女子力)』に大して『ぐみ』っていったところ本当に拗らせました…ああ、ずるい…大好きです…付き合ったら甘々じゃなくても大切にしてくれるよねっていう溢れる彼氏にしたい感たまりません。コンサートでのファンサービスもシゲアキさんはわりと、自分のファンにしかしないんですよね。そんなとこにも特別感や大切にされてる感がして、シゲアキさんこりゃもてるわ…って確信し、毎日恋に落ちる日々です。楽しいです。

『小説家なんです』

ジャニーズ唯一の小説家。しかも毎年本だしてます。彼はどんな時間の使い方をしてるんだろう…本当に多忙ですね書き出してみると…ジャニーズ、自担、という贔屓目なしにしても、高校生の私でも大人でも読んで本当に面白いと思います。きっとアイドル加藤シゲアキを知らなくても、小説家加藤シゲアキを好きになっていたと思います。ストーリーや本としての面白さに加え、シゲアキさんは何を考えて書いてるんだろう、どんなメッセージなんだろうと、自担を知れるひとつのツールになってるんです。すごい貴重だし、シゲアキさんとファンを繋いでる大きなものだと思います。 
私は二作目の『閃光スクランブル』がとても好きです。加藤シゲアキさんだからこそ書けるものだし、表現のしかたもストーリーのスピードもすごい好きです。他の三作も一つ一つシゲアキさん味に溢れているので、小説から加藤シゲアキに入るのもいいと思います。

『少し自意識が高くて、不器用だけれど』

自分のメンバーカラーが緑になってから、自分の色を買ってると思われるのが恥ずかしくて緑のものを買えなかったり、たまに見えかくれする自意識…。自意識萌えという新しいジャンルを生み出してくれました。とにかく可愛い。そんなシゲアキさんをまるまるっと見守りたくなります…。そしてどこか不器用。さっきの運動神経がないところだったりも含めて少し抜けてるところもやっぱりギャップで魅力です。伝えかたが不器用だったり、人見知りもありその辺もイメージと少し違って可愛いなあ…って思います。

『ほんと、誰よりも優しい人自分に厳しい人』

シゲアキさんってどんな人って聞かれたら迷わずこう伝えると思います。生きるのに真っ直ぐで厳しくってそして周りに優しい人。そんなシゲアキさんだからこそ、追いかけたくなるし、応援したくなるんです。

どんなシゲも好きだよ~!!!!!

結局ここにつきます!!!
今紹介したこと以外にも、人見知りなのに交遊関係広いとことか、ぎこちないダンスとか、作詞作曲してるソロ曲の世界観とか、好きな人の理想の高さとか、大きい背中とか語り尽くしたい部分は沢山あります…TV、CD、DVD、本…色んなところからシゲアキさんを知るたびに好きだなあと思う日々です。わたしがここで紹介したシゲアキさんの素敵なところはほんの一部!自分のシゲアキさんの好きなとこを沢山見つけて、ぜひ替え歌してみてくださいね!(笑)

7月13日発売の『恋を知らない君へ』では、シゲアキさんの甘い声や美しい横顔など素敵なところが沢山つまってるのでぜひ手にとってみてくださいね! 

纏まりのない記事でしたが、私は書きたいことがかけて満足です!!

シゲアキさんを知らない君へ
シゲアキさんの好きなとこを知ってほしいという思いを込めて!ゆかこでした!




 

星の王子さまと加藤シゲアキ

こんばんは!お久しぶりですゆかこです!

最近は文化祭だったりテストだったりバタバタしながらも充実した高校生活を送っております!

そんな、文化祭終わって息つく間もないまま、ずーっとそのために頑張ってこれたと言ってもいいNEWSの東京ドームでのコンサートに二日間行って参りました…!!

初めてのNEWS。初めてのシゲアキさん。本当に存在するんだな…ってだけで泣けてきて、二日間とも違った楽しみかたができる素敵な席に入らせていただいたので四人が作る世界に幸せが溢れる空間を精一杯楽しませてもらいました!

シゲアキさんが近すぎて、存在したんだ…美しい…好き…っていう感想しか出てこなくなったので、好きの語彙力の限界を感じました…!(笑)それくらい幸せに満ちた空間でした。 

私がNEWSのDVDを初めてみたときに感じたファンとの距離が近くて、コールアンドレスポンスが多くて本当にファンと一緒に楽しんでるコンサートだなあっていうのを改めて一緒に体感できました…!憧れてたあの空間で一緒に踊って、一緒に歌って、一緒に叫んだあの時間本当にこんな初めてあった人たちでひとつになれることってあるんだ!!って本当に思いました。四人が好き。っていう共通点だけでひとつのことみんなで全力でやっちゃうNEWSのファンの皆さんがもっと好きになって、その一員でいられてNEWSを好きになってよかったなあなんてしみじみしちゃいました!

重たい感想が止まらなくなりそうなのでそろそろ本題入りますね!(笑)
とにかく可愛らしい格好をして髪の毛にリボン巻いて今まで至上一番頑張ってデートできたこと幸せでした!!


そして、星の王子さまの話をさせてください。
星の王子さまを聴いたときになんて優しい歌なんだ…って思ったこと覚えてます。シゲアキさんの声が詩がメロディーがとにかく優しい。聴くだけで心が浄化される。そんな曲です。

実は、タイミングを逃して原作を読めてなくて、昔、小さい頃に読んだことはあるのでなんとなくは覚えてるんですがどうしても難しくて消化しきれなかった部分があるので、今こうやって加藤シゲアキ星の王子さまを知った上で改めて読んでみようかなあと思っています!

そして、何も知らないでこの曲に出逢った私は最初にラブソングなのかなあ。って感じました。恋人なのか、家族なのか、友人なのかは分からないけど大切な人へ贈る優しいラブソング。そんな受け取りかたをしてました。

だから、曲を聞いた時点では、
加藤シゲアキ星の王子さま
っていうイメージだったんです。

シゲアキさんが星の王子さまになりきるのかなあなんて単純な考えをしてました。王子さまの格好にあう~!とか単純な考えをしてました。

そしたら、シゲアキさんはその考えの遥
か上を越えてきた。

シゲアキさんのソロはじまり、シゲアキさんの朗読からはじまる。そこですごい櫻井翔君の英語でのスピーチのソロはじまりを思い出しました…あれもすごい好きだった…
そこで、シンプルなストライプスーツのシゲアキさんが優しい声で朗読をはじめます。そのときに気づきました。

星の王子さまはシゲアキさんじゃなくて、シゲアキさんが作り出した世界か!!!!!!

そうです。
加藤シゲアキ星の王子さま
ではなく
加藤シゲアキ=語り手』
だったのです。

一日目に演出ですごい好きな演出だけどなんか違うぞ…?と思ってたのはここでした。シゲアキさんは星の王子さまではなく、星の王子さまのお話を紡ぐ語り手だったんです。

やられた…って思いました。そうやって思うとさらにシゲアキさんの声が歌詞がメロディーが優しく響いてきました。

今の加藤シゲアキだからこそ、語り手っていうポジションなんだろうなあなんて感じました。

今までソロ曲では何かに演じることが多かったなか、今回は演じるのではなく少し俯瞰的に見つめる役。

加藤成亮じゃなくて、加藤シゲアキなんだなあと強く感じる瞬間でした。

本を書くシゲアキさんだからこそ、リアリティーもあり、そのなかにファンタジーもあり素敵すぎる世界観でした。

途中のあのペンライトの演出も、可愛いバックダンサーも語り手加藤シゲアキが物語を紡ぐために作った演出なのかと思うと、ときめきが止まりません。 
 
最後の語り手としてのシゲアキさんが読む一言によって、そして、最後のモニターによって加藤シゲアキが紡いだ星の王子さまが完結するんだなあ…って思うステージでした。ほんとずるいなあ、好きだよ!!!(結局)


はやくDVD化してほしい!!!
もっと細かいとこ見れば考えたいことも沢山出てくるそんな素敵な世界観でした!

加藤シゲアキが紡ぎ、語った優しいラブソング星の王子さまをこれからも大切にしたいと思います。